top of page

東京ミュージカルアンサンブルが目指すもの

さんしょう太夫.png

また出会える喜び

感動を伝えたい!

感動を伝えたい!

華やかな舞台にくりひろげられた少年と

少女の冒険と奇跡の物語!

演じられる俳優の行き息づかいが!

ダイナミックな動きが!

生演奏の迫力が!

三味線をピアノに、節を歌に、語りを芝居に
そしてダンス・人形等を取り入れた

独自のスタイルで表現する新しい試みの舞台!

 劇団 

木俣貞雄は、約70年にわたり公演活動に従事。舞台芸術学院、松山バレエ団所属、松山バレエ団ではソリストとして活動。歌って踊れる俳優として活躍。

昭和51年に東京ミュージカル・アンサンブルを創設以後は、児童青少年演劇の俳優に専念。特に木俣貞雄作・演出の「さんしょう太夫」は、鍛え上げた身体を駆使、歌って踊れる俳優として高い評価を得、全国各地の児童青少年に深い感動を与えた。

近年は後進の指導に力を入れ、「ボイストレーニング」講座を展開。

 

2022年1月、文化庁委託事業「令和3年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」で「りっかりっかフェスタ」の「さんしょう太夫」公演では脚本・演出を務める。

経歴

1976年  |   創立

1995年  |   「さんしょう太夫」制作

2004年  |   「さんしょう太夫」韓国招聘公演「児童青少年演劇際ソウル2004」

2021年  |   木俣貞雄「文化長官表彰」を受賞

2022年  |   有限会社東京ミュージカルアンサンブルから一般社団法人東京ミュージカルアンサンブルへ法人名変更 

bottom of page